プロフィール

糸原 聖美

コレオグラファー/ ダンサー

satomi1山口県出身。幼少よりクラシックバレエを始める。高校卒業後渡米し、Utah Valley University (UVU)舞踊科へ入学、スカラシップを受けバレエを専攻する。卒業前、Joffrey Ballet Concert Group (JBCG) にて、ニューヨークシーズン、国内ツアーに参加。Africa Guzman, Julie Bour, Larry Keigwin, Gerald Arpino などが振付けたコンテンポラリー作品やクラシック作品を踊る。UVU卒業後BFAを取得し、ニューヨークに移り、フリーとして活動。ニューヨーク拠点の振付家、カンパニーの作品に出演、ツアー参加。2014年、JBCG国内ツアーに招かれ、バランシンのセレナーデに出演。NY/NJエリアにてバレエ講師としても活動。自身のコンテンポラリーバレエ作品もニューヨークエリアのメジャーダンスフェスティバルやショーケースでSANCE/ Satomi Itoharaとして多数発表、選出されている。2016年より東京に拠点を移し、ダンサー、バレエ/コンテンポラリーバレエ講師、レッスン通訳としても活動の場を広げながら、東京、インドなど国内外問わず作品を発表している。

 

 

その他活動経歴